医療建築部では病・医院のX線撮影室の鉛防護工事、MRI撮影室電波・磁気シールド工事を行っております。
CT室、レントゲン室、MRI室などの建築には、他の建築は違い、X線の室外への漏洩防止のための防護、外部からの磁気の遮断、室内の磁場の維持など数多くのことを求められます。
弊社では、長年の経験を元に設計段階から、施工、管理に至るまで、お客様に最適なプランを提供させていただます。

鉛防護工事

CT撮影室、X線TV撮影室、一般レントゲン撮影室に用いられる工事で、撮影室からのX線の漏洩を防ぐことを目的とします。
室内の壁を鉛で覆います。

電波シールド工事

MRI撮影室に用いられる工事で、外部からの電波を防ぐことを目的とします。
室内の壁を銅箔で覆います。

磁気シールド工事

MRI撮影室に用いられる工事で、MRI本体から発する磁気が外部に漏れ、医療機器等に影響することを防ぐという事と、外部からの磁気がMRI撮影室内の磁場に影響を与えないようにすることを目的とします。
室内の壁をケイ素鋼板で覆います。

弊社では病・医院・診療所の新築内装工事等も承っております。
医療用建築の事なら安心・実績のホーユウまでご用命ください。