漏洩線量測定

X線漏洩線量測定とは

X線が撮影室から漏洩している線量を測定するもので、通常使用状態において、外部から測定いたします。X線は人体に有害なので法律で厳しい管理を義務付けております。

X線漏洩線量測定の種類

設置届

これはX線撮影装置の設置に伴うもので、病・医院、診療所にX線撮影装置を新規に設置する際に必要で、X線漏洩線量測定、遮蔽計算を行い、10日以内に所轄の保健所に提出する義務があります。

変更届

装置の入れ替え、装置の増減、X線撮影室の変更、従事者の変更などの時に必要で、この時にもX線漏洩線量測定を行う義務があります。

定期的X線漏洩線量測定

X線撮影装置を所有する病・医院、診療所は6ヶ月を超えないごとに年2回X線漏洩線量測定を行い、その記録を5年間保管する義務があります。